2011年9月11日日曜日

Viva La Fruits

フタバフルーツさん主催のViva La Fruitsにyukiita展示で参加させてもらいました。


キャンドルアートと吉川プロシェイプのAlaiaとの展示。
キャンドルの灯りが暖かくて雰囲気最高でした。



Keiちゃん、Yosukeくん、AKILAのLIVEの時にはすごい人で身動きとれず。
完全に江戸に飲まれ気味の中FGY71部員のtomioとヒロ合流。

外のスペースではgentem stickのボードのアートワークも手掛けるYukacillさんがライブペイント。


shingo420、平岡AKI君たくさんのスノーボーダー、サーファーの姿が。
主催の大輔君の人柄であったかいアットホームな妙に落ち着く楽しいイベントでした。
誘ってくれたAKILA、フタバフルーツ大輔君ありがとう!!!最高でした!!


そして数時間後は!!!


THE SURF SKATERS 12
9.11(日)に神奈川県茅ヶ崎市の裏パークを会場に開催される
“THE SURFSKATERS 12 Voice of The Ocean”
今年のTHE SURFSKATER 12は一体どんなイベントになるのか!?
後にも先にもない、いつもとはひと味違うTHE SURFSKATERS 12、
お見逃しなくッ!!!
※今年は下記にある「THE SURFSKATERSとしての思い」から、
SURFINGのコンテストは中止となり、SKATE BOARDINGの
コンテストのみとなります。
ぜひ下記にある「THE SURFSKATERSとしての思い」
をご一読頂けたらと思います。
=THE SURFSKATERSとしての思い=
3.11の東日本大震災によって起こった福島第一原発事故により、
高濃度放射能汚染水が海へ放流され、
地球上のサーファーにとって唯一無二のフィールドである
“海”が、
放射能に汚染されてしまいました。
今後この放射能による海洋汚染が
我々サーファーにどういった影響を与えるのかということは、
まったくの未知数であり、もちろん最悪の場合も想定されます。
また、海に放射能汚染水を放出した日本という国に
住むサーファーとしての立場に立って周りを見回してみた時、
「日本は、世界が共有する”海”を勝手に汚し、
世界中のサーフィンを含むマリンレジャー愛好家をはじめ、
懸念される魚に対する悪影響などといった
大きな問題を作り上げてしまった」
のは紛れもない事実であります。
今回のTHE SURFSKATERS 12では、
“Voice of The Ocean”と題しまして、
ここに来て改めて放射能による海洋汚染について深く考え、
サーファーとして訴えるべき「海の気持ち」、
そして「フィールドを汚されたサーファーの気持ち」を、
9.11という日に、たった一日だけでもそれをアクションとして起こし、
発信して行きたいと強く考えました。
今回、THE SURFSKATERSのメインイベントである
SURFINGのコンテストをあえて中止としたのには、
もう一度この汚染された現状、そして現実を見つめ直す時間を
会場に来たみなさまと少しでも共有できれば、
との思いが込められておりますので、
今回特別版として行なう
THE SURFSKATERS 12″Voice of The Ocean”を
何卒よろしくお願い致します。

colors magazine

てな感じでみんなに会えるのが楽しみです。

                                    
                       

0 件のコメント:

コメントを投稿

Follow by Email